マナココチとは

マナココチ訪問看護ステーション

047-388-8870

〒270-2253 千葉県 松戸市 日暮 1-3-1 及川ビル402

受付時間 8:30~17:30

マナココチとは

マナココチとは

マナココチとは

マナココチという言葉の由来

img_manakokoti01

マナココチとは、「愛+心地良い」という意味の造語です。ご利用者様に安心・安全で快適なサービスを提供するために、当ステーションが重要視しているのは働く方々の人間性です。ただ、知識や技術があるだけではなく、ご利用者の方々に誠実に優しく声がけや気遣いができるか。事務的ではなく、心からコミュニケーションがとれるかどうか。そうした心配りや人間味によって、「明日はまたあの介護士さんが来てくれる」と楽しみにしていただけるのだと考えています。
確かな技術を支えるのは、「皆様のお役に立ちたい」という想いの強さです。ご利用者様に愛情をもち、優しく接するということについてはどこにも負けない自信があります。

家族のような身近な存在

ご利用者様が住み慣れた自宅で安心して過ごせるようにお手伝いするのが「訪問看護」や「訪問介護」です。しかし実際に伺って日常生活のサポートを行なう看護師が、周りの目がないからと雑な仕事をしたり、大切な家にあげたくないと思うような信頼できない人間であったりしたら、せっかくご自宅にいらっしゃる意味がなくなってしまいます。
当ステーションはご利用者様に「家族のように身近な存在」だと感じていただけるサービスをしたいという想いのもと、経験豊富なスタッフが24時間体制でお手伝いいたします。スタッフがまず利用者様を家族のように大切な相手だと思い、丁寧で行き届いたサポートをさせていただきますので、ご安心ください。

img_manakokoti02

地域に密着した介護サービスの提供

img_manakokoti03
当ステーションは千葉県松戸市に事務所をおいております。小規模ではありますが 看護スタッフとリハビリスタッフが連携をとりながら、地域にお住まいの方に訪問看護やリハビリテーションなどのサービスを提供しています。身体の清拭や食生活・入浴・排泄の介助などの日常生活のサポートをはじめ、床ずれ処置、服薬の管理といった医師の指示による医療処置も承ります。また理学療法士、作業療法士による訪問では心と身体の機能改善のための支援を行うほか、ご家族向けに体位交換や介助方法の指導もいたします。地域の人に愛される訪問看護ステーションを目指し、在宅介護におけるあらゆる相談も受け付けておりますのでお気軽にお声がけください。

臨床25年以上の経験豊富なスタッフを配置

25年間の病院・施設での臨床経験を踏まえ、「本当に必要な看護とは何か。」と考えたときに行き着いた答えが、「訪問看護」でした。そうして、一人ひとりとじっくりと向き合い、寄り添っていきたいという想いで平成28年に設立させたのが、マナココチ訪問看護ステーションです。 救急や手術室勤務等、急性期慢性期問わず臨床25年以上の経験豊富なスタッフを配置しているため、サービスの質が高いとご好評いただいております。高齢の父母を自宅で看ると決めたはいいものの、訪問看護や訪問介護の仕組みや自分たちですべきことがわからずに不安を抱えていらっしゃるお客様を様々な角度からサポートし、適切なご提案を差し上げます。
img_manakokoti04

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

住所/〒270-2253 千葉県松戸市日暮 1-3-1 及川ビル402
営業時間/8:30~17:30 定休日/土日祝日(要相談)

047-388-8870

img_cb

TOP